描きたいイラストに出会えた2018年&2019年の目標

水彩色鉛筆イラストレーターの かまさきひろみです。

早いことで今年もあと4日…

今回は2018年の振り返りと、有言実行する意も込めた2019年の目標について書きました。

 

世界が広がった2018年

 

2018年をひとことでいうと、新しい事を始めたりたくさんの人と交流することで「世界が広がった1年」でした。

具体的には…

  • 展示販売イベントに初出展
  • クリエイターさん達の勉強会・イベントに参加
  • ほったらかしだったtwitterにきちんと取り組む
  • デジタル絵をやめて水彩色鉛筆を使い始める

展示販売イベントに初めて出展したことで、グッズの作り方や販売、設置や準備などの経験が出来ました。

複数のイベントに立て続けに出展したことで、イベントにも客層や好かれる傾向、それぞれのカラーがあるもんだなぁと思いました。

また、商品がほぼ売れなかったので…自分の作品についてちゃんと考え直すきっかけにもなりましたね。

 

その同月、イラストレーターさんのトークショーにも初めて参加しました。

そういうイベントや勉強会、クリエイターさん同士の交流が存在するという事も、初めて知ることが出来ました。

 

展示販売、勉強会や交流会を経て何か出来ることから変えよう!と思い、ほぼ放置だったTwitterをすこしづつ更新頻度を増やしたり触れる時間を増やしていきました。

考えていたよりも絵の展示や個展などが気軽にできること、公募展などの存在も知り、イラスト作家さんとのつながりも増えたので様々な情報が入ってくる様になりました。

 

中でも自分にとっての一番の出来事が、デジタル絵をやめて水彩色鉛筆を使い始めたということです。

正直、ずっと自分の絵に違和感を感じてはいました。

頭の中でイメージしているものはもっと、ずっと可愛いはずなのに仕上がりはなんだか違う…と。

長年デジタルで描いていたこともあり、手描きに変えるなんて考えもしていませんでした。

 

ですが展示販売や公募展で、手描きや原画イラストの需要の多さを知り、たまたま学生時代に買っていた水彩色鉛筆を引っ張り出してきました。

もちろん初めはどういう風に描けばいいのか、どう色をつけていけばいいのか、試行錯誤でした。

少しずつ、イメージに近づいたイラストを描く事ができ、心の底から楽しいと思いながらかけるようになりました。

今では水彩色鉛筆が大好きになり、もっと自分らしいイラストを描きたい気持ちと、水彩色鉛筆を広めたい気持ちが出てきています。

 

 

◆フリーランスの仕事のやりかた

 

フリーランスは、どっちかというとひとりぼっちで行動して仕事をしていくものだと思っていました。

ですがTwitterを前より運用するようになったことで、イベント、公募展、勉強会、交流会の存在を知り、たくさんの人と交流やつながりを持つこともできました。

実際に仕事をし活躍されているクリエイターやフリーランスの方の話もたくさん聞くことができ、仕事に対する考え方やお金の事、取り組み方も変わってきました。

 

去年の2017年も今までで一番充実して楽しい1年だった…と思っていましたが、2018年も今までで一番充実して楽しい1年だったと胸を張って言えます。

こうして毎年、毎年一番成長できていい一年だった、と言えるようにしたいですね。

 

 

◆水彩色鉛筆を広める活動を! 2019年の目標

 

きちんと実現させるためにも、公表して行きたいと思います。

 

★フォロワー1000人にする!(自分をたくさん発信して知ってもらう。)

★水彩色鉛筆についての連載記事を(ブログor noteで)はじめる!

 →自分自身も水彩色鉛筆についてもっと詳しくなって、水彩色鉛筆をよりたくさんの人に知ってもらえるような発信をしていきたい。

 →本にまとめてコミティアなどで販売!

★水彩色鉛筆のワークショップor勉強会or交流会を開く

★2020年の年賀状のお仕事を獲得する!(ずっと興味があったけど、何も行動に移していませんでした。来年こそは!)

★イラストの公募展で賞を取る!(アピールできる結果が欲しい)

 

また、勤務先の関係で、7月からフリーランス・イラストレーターとしての活動をメインにしていきたいと思います。

そのためにも、どうして○○がやりたいのか…自分に何ができるのか、たくさん考えて見つける1年にしたいと思っています。

 

最後に今年1年で関わってくれた方へ…有難うございました!

それではよいお年を!